GAINWINGS CONFERENCE D2C NEXT オモイとモノと、もっと届け。 2021.5.24(Mon) 参加申し込み

SCROLL

ABOUT

いま、本当に届けるべきものは何か?

Direct to Consumerという言葉が初めてGoogleでトレンドに上がったのは2006年。
その約8年後の2014年からD2Cという言葉とともに利用されてきました。

新しい言葉ができる時は、価値観が変わる時。
技術や価値観、生活様式が変わる中で、ものづくりの価値も変容しています。
「ものから体験へ」そんな言葉が生まれて久しいですが、いま、ものや体験、想いを届けるために作り手は何を理解し、行動するべきなのでしょうか。
当カンファレンスでは、過去を振り返り、これから(NEXT)をいくつかのテーマから紐解き、議論し、実践を創出していきます。

PROGRAM

Session1
11:00 – 11:50
生活者の中にブランドはどう作られるのか
Session2
12:00 – 12:50
広告の次の販路を開くマーケティングとは
Session3
14:00 – 14:50
内製と外注を突き詰めた先にあるものとは
Session4
15:00 – 15:50
D2C事業作りに答えはないが型はあるのか
Session5
16:00 – 16:50
D2C独自の資本戦略と資本調達とは
Session6
17:00 – 17:50
LTVの鍵となる熱狂的なファンをどう生み出すか

DETAIL

Session1 11:00 11:50

生活者の中にブランドはどう作られるのか。

ブランドという目に見えないものは、どう生活者の心や体の中に作られるのでしょう。 ものを作り、インターネットを通じて売るというだけであれば、それは通販です。そのものを届けるというプロセスの過程で、作り手と生活者がどのように繋がるのか。その中にブランドのヒントがあるのではないでしょうか。当セッションでは、D2Cにおけるブランドについて議論します。

Speaker

松田 崇弥

株式会社ヘラルボニー 代表取締役社長
代表取締役社長。チーフ・エグゼクティブ・オフィサー。小山薫堂率いる企画会社オレンジ・アンド・パートナーズ、プランナーを経て独立。異彩を、放て。をミッションに掲げる福祉実験ユニットを通じて、福祉領域のアップデートに挑む。ヘラルボニーのクリエイティブを統括。東京都在住。双子の弟。誕生したばかりの娘を溺愛する日々。日本を変える30歳未満の30人「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN」受賞。

高橋 朗

株式会社ADOORLINK マーケティングディレクター
サステナブルな素材や製造技術にこだわったアパレルブランドを展開。学生時代にアルバイトとしてアダストリアに入社。 店⻑を経て、Eコマースの立ち上げ、マーケ ティング部門、アダストリア・イノベーションラボを立ち上げ、 新規事業開発へ従事。2020年11月グループ子会社 株式会社ADOORLINK設立。

河野 貴伸

株式会社フラクタ 代表取締役
テクノロジーとデザインで日本のDtoCブランドを支援するブランディングエージェンシー。ブランドの本当の課題を解決するために、問題の本質を捉え、戦略を立て、最適なアプローチを選択・実行する。

Session2 12:00 12:50

どのようなマーケティングが広告の次の販路を切り開くか。

届けるべきものを届けるべき人へ届ける。現在多くのD2Cブランドはデジタル広告を中心に活用していますが、広告を最適化したあとはどう打ち手を講じるか。まだ確立されていない、SNSをはじめとするマーケティングに対するリスクをどう見積もり、戦略を立て実践するのかを議論します。

Sponsored by アライドアーキテクツ株式会社

Speaker

只石 昌幸

VALX 代表
株式会社レバレッジ ファウンダー兼CEO 法政大学を卒業後、キーエンスへ。その後、ホスト、アメブロブロガーなどを多様な職につき、レバレッジ創業。EC事業では類を見ない広告に頼らないマーケティング手法を活用し、創業後わずかの期間で飛躍的な成長を遂げる。現在は2024年の東証1部上場へ向けて、躍進している。

斎藤 竜太

ベースフード株式会社 CMO
ユニリーバ・ジャパンに入社しPOSデータ分析に基づくリテール向けのマーケティング、米Walmart社に出向しヘアケアのカテゴリー戦略立案や各国のビジネス開発を担当。その後、リノべる株式会社にて、出店戦略やCRM構築、MA導入に従事。17年5月より現職。創業メンバーとして、Webサイト運営から広告宣伝、CRM、PR、外部とのアライアンスなど、事業成長のためのマーケティング活動を統括。

村岡 弥真人

アライドアーキテクツ株式会社 取締役
SNSを活用した企業のマーケティングを総合的に支援するテクノロジーカンパニー。マーケティングDXを加速する自社開発のSaaSツールを提供する。

Session3 14:00 14:50

内製と外注を突き詰めた先にあるものとは。

D2C事業を運営する中では、マーケティング、CRM、製造、物流など多くの機能が必要です。ブランドの世界観を保全しつつ、事業拡大を考えた際、どのようなチーム作りをし、どのように社外を巻き込むかを議論します。

Sponsored by 株式会社chipper

Speaker

麻生 泰央

株式会社re COO
新規事業開発支援会社を経て2018年10月に株式会社reを共同創業。現在はオリジナルパッケージ印刷プラットフォーム「canal」を運営し、パートナーサクセスを主に担当している。

十時 悠径

株式会社chipper 代表取締役
技術系高専を卒業後、大学ではデザインを専攻し、大手IT会社にコンサルタントとして就職。その後、マネジメント経験を経て株式会社chipperを創業。これまで累計1,000社を超えるD2C立ち上げ・リブランディング支援を行う。 EC、D2Cにおけるブランド立ち上げ・コンセプト策定、新規事業企画開発・インキュベーション研修、販売戦略立案まで一気通貫したモデル構築を行う。 TechとArtへの深い知見から、データ(左脳要素)×アート(右脳要素)をかけ合わせながら、事業コアに“Why=なぜこの事業を行うのか“を据えた上での、ブランド・コンセプト設計、組織構築を得意とする。

河合 幸太

株式会社hypex 代表取締役
「組織を多様に、チームをしなやかに」をコンセプトに、採用広報事業へ取り組む。組織の内外の情報の非対称性を減らすことにより、支援会社の採用力を向上させている。アラン・プロダクツにてインターンとして会社売却を経験後、月間150万利用者数を超える医療・美容のWebサービスの事業責任者、兼経営陣として組織の成長を牽引。成長組織におけるOKRを利用した評価制度の構築や外国人、ジェネレーション、女性、LGBTQ+などのダイバーシティ・マネジメントに尽力。新規事業の立ち上げに従事したのち、香港法人設立、アルメニアでのスタートアップ立ち上げへ挑戦後、株式会社hypexを創業。グラナダ大学マーケティング学部、立命館大学国際関係学部卒業。

Session4 15:00 15:50

D2C事業作りに答えはないが型はあるのか。

国内で数万を優に越えるブランドのうち事業をして大きくなるのはほんの一握り。VUCAの時代と言われ変容し続ける社会の中で、答えこそないものの、成功するブランドに共通点はあるのか。当セッションでは、事業づくりの普遍性について議論します。

Speaker

長谷川 晋

MOON-X株式会社 代表取締役
2歳から9歳までアメリカ、シアトルで育つ。京都大学経済学部卒、体育会ハンドボール部主将。2000年に東京海上火災入社、法人営業担当。P&Gで10年間、Pampers・Gillette・Braun・SK-IIなどのマーケティングおよびマネジメントを統括。その後、楽天の上級執行役員としてグローバル17ヵ国および国内グループ全体のマーケティングを管掌。2015年Facebook Japanの代表取締役に就任、在任中にInstagramはMAU810万から3,300万に。2019年8月にMOON-X Inc.を創業。

中島 真

株式会社CAMPFIRE 取締役副社長
アクセンチュア、DeNA、リブセンス取締役などを経て、2018年3月株式会社CAMPFIRE取締役就任。big株式会社代表取締役、ギフティ社外取締役、STiLy社外取締役。

真野 勉

株式会社SUPER STUDIO 共同創業者・取締役CRO
学生時代からITベンチャー企業にインターンとして入社し、新規事業の営業に従事。同社の急成長に貢献し、東証マザーズへの株式上場を機に退職。2014年12月24日に株式会社SUPER STUDIOを代表林・花岡と共に共同創業。自社サービスである「ecforce」を広告宣伝なしで100ショップ様に導入いただく立役者である傍ら、採用人事として5年間で組織を100名程度まで拡大。現在は大手クライアント開拓などの営業と並行し、CROとして企業間アライアンスをリード、キーワードである「D2C」を軸にSUPER STUDIOブランドの啓蒙活動も担っている。

Session5 16:00 16:50

D2C独自の資本戦略と資金調達とは。

事業の成長の裏には常に資金があります。D2Cビジネスに最適な資本調達とは何か。 これからの資本政策、戦略を議論します。  

Sponsored by イークラウド株式会社

Speaker

萩谷 聡

株式会社ANOBAKA パートナー
2013年3月東北大学大学院理学研究科修了。在学中は自身でWebサービスを立ち上げ、運営。2013年KLab株式会社に入社後はゲーム事業部にてモバイルゲームの運用、新規ネイティブゲームの立ち上げに企画として従事。2015年4月よりKLab Ventures株式会社に参画し、複数の投資先ベンチャーの支援を実施。2015年10月に株式会社KVPに参画し、30社以上の投資実行、支援を実施。

戸田 貴久

ラズホールディングス株式会社 代表取締役CEO
1990年、鳥取県出身。岡山大学経済学部卒業後、鳥取銀行入行。ベンチャー企業で下積みを経験、2015年にラズホールディングス株式会社を創業。アフィリエイト、コンサルティング事業を通じて創業1年で年商1億円超を達成し、数千万円で事業売却。2017年5月にモンゴルに移住、同年12月にHushTugを本格始動。

波多江 直彦

イークラウド株式会社 代表取締役
慶應義塾大学法学部卒業後、サイバーエージェントに入社。広告代理部門、スマホメディア、オークション事業立ち上げ、子会社役員等を経て、サイバーエージェント・ベンチャーズで投資事業に従事。その後XTech Venturesにてパートナーとして、VR・SaaS・モビリティ・HRTech・シェアリングエコノミー・サブスクリプションサービス等への投資実行を担当。2018年7月にイークラウド株式会社を創業、代表取締役に就任。

Session6 17:00 17:50

LTVの鍵となる熱狂的なファンをどう生み出すか。

ブランドを支えるファンこそが、事業への安定性と成長性を生み出します。 ファン作りの起点である、こころ揺さぶるコミュニケーションの実践を議論します。

Sponsored by 株式会社 Channel Corporation Japan

Speaker

片石 貴展

株式会社yutori 代表取締役
株式会社アカツキにて新規事業部の立ち上げに従事。2017年12月に個人的にインスタグラムアカウント『古着女子』を立ち上げ、2018年4月に初期投資0円の”インスタ起業”としてyutoriを創業。『9090』をはじめ複数のD2Cブランドや、バーチャルインフルエンサー事務所『VIM』などを手掛ける。2020年7月、51%の株式譲渡によりZOZOグループへジョイン。Forbes 30 UNDER 30 JAPAN 2020受賞。尊敬するアーティストは Suchmos と The Flipper’s Guitar

阿部 卓真

株式会社Ainer CEO
ファッション業界から次世代の“ネオ アパレルブランド”と注目され、雑誌掲載多数でルミネ新宿にも実店舗を持つD2Cブランド「RANDEBOO」「by ensure」「Chérize」を運営し、国内市場だけではなく越境ECを軸にアジア市場へ展開。漢方ハーブブランド「danro」事業を買収。高校卒業後、留学でニューヨークへ渡米した際に日本と海外での起業に対する意識の違いに驚き、 「世界で誇れる企業をつくりたい」という思いにかられ、起業を志し日本に帰国。 インバウンド事業を経て、2016年9月に株式会社Ainerを創業。 経営の第一優先をファッションとし、”個の力”を大切にした経営を実施。 1億人のマーケットから70億人のマーケットへ圧倒的にグロースするため、国内外で多角的な経営を目指す。

Jay

株式会社 Channel Corporation Japan CEO
韓国No.1のアパレル企業の戦略企画コンサルタントや住友商事の韓国支店で勤務。米国系EC EbayにてMDで年商200億円を達成。リテールテックスタートアップ ZOYI Corporation(現 Channel Corporation)の日本CEOとして、実店舗の分析・O2O支援・ECの接客チャット提供

SPECIAL CONTENTS

     

PARTNER & SPONSOR

OFFICIAL PARTNER

株式会社SUPER STUDIO
「コト、モノにかかわる全ての人々の顧客体験を最大化する」をミッションに掲げ、独自のECプラットフォーム『ecforce』を提供する株式会社SUPER STUDIO

GOLD SPONSOR

アライドアーキテクツ株式会社
「世界中の人と企業をつなぐ」をミッションに、UGCをウェブサイトや広告に活用するLetro(レトロ)などのサービスを提供するアライドアーキテクツ株式会社
株式会社 Channel Corporation Japan
「さあ、チャットで、オンライン接客をはじめよう」をコンセプトCSサービスを提供する
株式会社 Channel Corporation Japan
イークラウド株式会社
プロが厳選したベンチャー企業に投資できる、株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」
株式会社chipper
D2C立ち上げ・リブランディングの事業共創プロジェクトチーム株式会社chipper
株式会社ネットプロテクションズホールディングス
つぎのアタリマエをつくる」をミッションに掲げ、日本初の未回収リスク保証型後払いを構築した、
後払い決済の総合プロバイダー 株式会社ネットプロテクションズ
SBペイメントサービス株式会社
各クレジットカード会社との契約に基づき、決済代行会社としてクレジットカード決済を
ご提供するSBペイメントサービス株式会社

SILVER SPONSOR

OUTLINE

イベント名
GAINWINGS CONFERENCE
D2C NEXT
開催日
2021年5月24日(月)
時間
11:00〜18:00
開催形式
オンライン配信※事前登録で見逃し配信視聴可能
料金
無料
定員
1000名 
(先着)
主催
株式会社hypex
       
備考
全てのセッションへ参加される必要はございません。

MESSEGE FROM SPEAKERS

     
https://twitter.com/shin_na/status/1392401762384941056?s=20
https://twitter.com/Dewittering4/status/1393011504744570885?s=20

MESSAGE

株式会社hypex

代表取締役 河合幸太

この度、D2Cブランドを運営する全ての会社と人の実践を促し、事業を躍進させる場”GAINWINGS CONFERENCE D2C NEXT”を開催させていただきます。

テクノロジーの進化により、情報がカスタマイズされ、生産単位が小さくなり、あらゆるものが多様になりました。そしてその分取捨選択すべき情報も膨大になり、その中から、その製品を本当に求める人の声を聞き、改良し届けられるか、が多様な世界観の存続可否を分けています。

事業として存続可能なブランドにはどのような共通点があり、そこから何を学び、どう実践をするのか。当カンファレンスでは「勉強になった」「学びがあった」だけではなく「事業を躍進させるために、明日行動が変えられる」という確信や希望を持って終了することを目的としています。次世代へ続く多様な世界と製品を作り出して行くために、共に向き合う場にできれば幸いです。

INFORMATION

スポンサーをご希望される方

取材をご希望される方